金曜日, 5月 24
Shadow

求められるヒューマンスキルとは?

未経験からエンジニアを志す場合、プログラミングやサーバー・データベースなどに関する専門的な知識を身につけるのが何より大切だと考える方も多いでしょう。
もちろん、これらの知識やスキルを身につけなければ仕事に取り組めないため、必要であることに変わりはありません。
しかしながら、エンジニア業務をそつなく進めるためには、こうした専門的なスキルのほか、ヒューマンスキルも同様に大切になってきます。
エンジニアは一人で仕事を進めるわけではありません。
同じプロジェクトメンバーと意見を交換したり、同じタスクの達成に向けてコミュニケーションを取りながら進めていきます。

また、社内の人間だけではなく、システム開発を依頼してきたクライアントと時には打ち合わせすることも多いため、人と良好に接するためのヒューマンスキルが求められるのです。
ヒューマンスキルを身に付けられていれば、クライアントとの打ち合わせはもちろん、チーム内での連携も円滑に取ることができるため、業務が効率化できます。
特に、システムエンジニアやプロジェクトマネージャーといった職種になると、エンジニアとしての技術的な業務以上に周囲とコミュニケーションを取る機会が急増します。
相手と気持ちよくやり取りができれば、それだけ自社や自分自身の信頼向上にもつながります。
多くのメリットを得られるため、これからエンジニアを志す人はまずヒューマンスキルを磨くことを心がけましょう。